MENU

今だから話せる黒歴史考察「美味しい話は歩いてこない」

若いころの失敗談なんてみんな1つや2つあるものだろうと思う。

ここで私の№1黒歴史をここで書き残しておこうと思う。

このブログは現在「私の生活から切り分けられた空間」だから置いておけるような気がするけれど、そこの線引きがあいまいになってきたらいつか消すかもしれない。

ちなみに、この話は今まで誰にも話したことが無い。

・・・いや一人いた。触りだけ話した人が。

その人の話も黒歴史の一つだから、機会があれば後で書こうと思う。

この話が、例えば週刊誌の一つのコラムに載ったとしても

「事例1 Aさんの場合」

おそらく数行で済まされる内容だ。

でもあの時の感情は、15年経った今もはっきり思い出されるほどに強い。

見て見ぬふりをしてきたけど、消化不良を起こしている部分もあると思う。できるだけ整理して、吐きだして先に進みたい。

目次

学生時代のちょっとした好奇心

私は歌を歌うのが好きだった。

かと言って自己表現の世界に身を置く覚悟など無くて、ただただ好きな音楽を聴いて、歌いたい歌を友達とカラオケで歌いまくっているだけだった。

いつかは普通に就職して、結婚して子供もほしいと思っていて。

もうすぐで「学生」が終わる。

おそらく人生で一番自由であろう、この時間を失うんだと思ったら、何事にも挑戦してみようという気持ちはあったと思う。

「挑戦」へのハードルはそれまでより大分下がっていたのかもしれない。

きっかけは初代SNSのmixi

私の大学の友人に多方面で一人意識の高い子がいた。仮にA子とする。

A子はボイトレに通ったり、機会があるたびに人前で歌を披露していた。

そんなA子からある話を聞かされる。

「mixiで知り合ったライブハウス経営している人がね、レーベルに顔が効くらしいんだけど、今度会ってみないか?って誘われたんだー」

この時点で香ばしい匂いしかしないのだが、当時はまだギリギリ10代。

私たちは若かったんだ。

「へ~そうなんだ」

私の反応はもっと薄かったかもしれない。

少しの嫉妬と友人を応援する気持ちと、ほんのひとかけら興味もあったと思うけど、A子の努力を思えば私の出る幕など無いと思った。

ただ、教えられたアカウントには訪問してみた

アイコン写真は無く、自己紹介欄には友人の説明通りの自己紹介が並ぶ。

新たに得る情報は無く、パソコンを閉じようとしたとき。

メッセージが届いた。

「歌とか興味あるの?」

当時のmixiには「足跡機能」があった。ページに訪問しただけでログが残る。

相手はそれだけでメッセージを送ってきたのだ。

「歌とか興味あるの?」

当たり障りのない返信をすると、またもやすぐに返事がきた。

「良かったら遊びに来てみない?」

”このノリ? A子はこれを「誘われた」って表現しているの??”

疑う気持ちや、戸惑う気持ちはあった。

そしてこれが大きなチャンスではない事も分かっていた。

ただほんの少し興味があっただけ。

それでも、時間やエネルギーを持て余していた私は会いに行くことにした。

もしヤバかったら逃げればいいじゃん。

甘かった。

ライブハウスもレーベル(?)の話も事実。だけど・・・

指定された場所に行くと、確かにそこにライブハウスはあった。

階段を下りて地下のライブハウス会場に入る。男性が2人いた。

「社長」と名乗るラフな服装の男性、スーツを着た真面目そうな男性。二人とも当時、還暦ぐらいだったと思う。

社長の正体

口頭で自己紹介?を聞いても「なんだかよくわからない」というのが正直な感想。

その社長とやらは過去に一度、ある歌手(大ヒットを飛ばしたらしい)のデビューに尽力したのだと、身振り手振り大胆に、尺をたっぷり使って説明していた。

それ自体は事実らしかったのだが。

彼は一発屋だったのだ。

その過去の一回の成功に酔いしれて、現実が見れていないという事は10代の私にもすぐに分かった。

そして、話せば話すほど私はこの人の事が嫌いだと感じた。

これから嫌というほどクソな言動を繰り返すのでここからは「クソ社長」と呼ぶことにする。

もはや空気、もう一人の男性は?

もう一人の真面目そうな男性は、クソ社長の友人だった。ライブハウスのスタッフでもなんでもない、ただの友人。

名前は杉山(仮名)。

クソ社長の言動が怪しい中では、比較的まともな見た目、受け答えをしていたので、何かあればこの人が頼りだと思っていた。

まぁ、実際には全く役に立たなかったばかりか、こいつにずいぶん苦しめられることになるんだけど。

会話の内容が怪しくなる

「芸能界とは」
「芸能人とは」
「歌手とは」

色んな事を話していたけれど最終的に行きついた話に心底がっかりした。

「体のチェックが必要なんだよね~傷とか痣とかさ」

結構衝撃的な発言だったとは思うけど

”本当にあるんだな、こういう話”

と案外のんきに話を聞いていた。

しかし、改めてクソ社長の目を見たときに「これはまずい」と思った。

クソ社長の目が違う。

獣っぽいというか、ギラギラとした目で舐めるようにこっちを見ている。

隣の部屋を指して、暗にそこに行って服を脱ぐよう促してくる。

のらりくらり会話を逸らし攻勢が弱まるのを待ったけど、攻撃の手が緩まない。

むしろ本当に手が出てきてあちこち触られるのをかわすので精一杯だった。

となりの杉山は空気だった。

2択

手を変え品を変え、色んな角度から決断を迫ってきたけれど、かわし続けていた。

「君の覚悟をみたいんだ」

とも言っていた。

はっきり断れば良いだけの話ですよね。

今なら録音して警察にたたきつけられる自信もある。

あの時の私は「子供」の立場で「大人」の善意に甘えすがろうとしていたんだと思う。

諦めてくれるのを待っていた。

とうとう痺れを切らしたクソが、最後だと言ってとある2択を迫ってきた。

「俺とこいつ、どっちにする?」

まともそうな方を選んだはずが

どっちにするかと聞かれたら、選ぶ方は決まっていた。

恐怖と不快感で一杯だったので「杉山さん」と即答。

明らかにイラつきだすクソ社長、目がテン状態の杉山。

こっちとしては、逃げられればそれでいいと思っての発言だった。

私の願いが通じたのか、どうやらライブハウスから外に出るような話の流れになっていた。外で、杉山が車を用意しているそうだ。

出発前に何やら細かい話を詰めている2人。内容は分からない。

お察しの通りではあるが、その車には乗ってはいけなかった。

車の向う先は・・・?

10代の甘ちゃんだった私は、てっきり駅に送ってくれているものだと思っていた。

けれど、来たときに通った道とは全く違うルートをたどっていく。

駅前の喧騒が消え、気が付くと高速道路の乗り場に近い場所まで車で来ていた。

とある建物の敷地に入る。

ここがどこで、何なのかはすぐに理解できた。

そして、これからどうすべきか短い時間で検証してみる。

逃げられるかもしれない。

だけど生憎、その日履いていたのは歩くのさえ少し辛いサンダルだった。

ここが何処なのかよくわからない。

見渡す限りお店や民家もまばらだし、最寄駅にどうたどり着いたら良いのか今のところ検討もつかない。

説得してみる?

杉山の顔を見たけど、気持ちはよく汲み取れなかった。悪い人じゃない気もするけれど、会って数時間。逆らうのが怖い。

私は決断した。

一回だけ、我慢しよう。

思った以上のダメージ、それでも…

細かく描写するつもりはないけれど、とにかく不快だった。

私よりも「年上の子供」が二人もいる男性の相手をするとは思ってもいなかった。

終わり次第すぐにお風呂に入ったけど、吐かれたセリフや独特の匂い、色んな汚いものを刻み付けられた気がして落ち着かなかった。

”覚悟を決めてこれなら、レイプってどんなに傷つくんだろう・・”

シャワーを浴び続けながら、自分と知らない誰かを客観的に比較する自分も居た。

その日、ホテルを出てからの事をあまり覚えていない。

ジンジンと痛むからひと時も忘れられず、本能に従って家に帰った気がする。

ちなみに、この1回でクソ社長は本当に私の「本気」を試していたらしい。

本気も何も、あそこまでしておいて何を言うんだとも思ったけど。

私はクソ社長の用意したレールに一応乗ってしまったようだった。

「その後」は一応用意されていた

その後定期的に連絡もあり、私の「なんちゃって芸能活動(?)」はスタートを切ってしまっていた。

あんなに嫌な思いをして、どうしてその後も関わろうと思ったのか。

思考が停止していたのかもしれない。

不思議なんだけど「これまでの自分にはもう戻れなくて、前に進むしかない」みたいな感覚もあった。

そもそものきっかけも、置かれている状況も、誰にも相談できずに流れに身を任せていた。

作曲家(?)の紹介

杉山経由で「作曲家を紹介する」という業務連絡があって、本当に売れない作曲家の紹介をされた。

作曲家を借りにT男とする。T男は人の良さそうな男だった。

カラオケボックスに集まって話をする。歌って声を聴いてもらったり、デモの何かを聴かせてもらったり。

始まった時から感じていた事だけど、この会合におそらく目的は無い。

具体的な話が進んだのか良くわからないし、何より楽しくない。

おそらく「口実」だ。取ってつけたようなハリボテ感が満載だった。

私が呼び出された理由に気付いたのは会合が終わってから。さらなる苦痛の時間だった。

恋人気取りでデートコースをドライブ

打ち合わせもそこそこに、杉山は私を車に乗せて走り出す。

着いたのは横浜だった。

みなとみらい、赤レンガ倉庫、中華街を抜けて元町・・・

あからさまなデートコースを辿っていく・・・

この男は勘違いをしている。私を自分の女にでもしたかのような振る舞いなのだ。

降りて歩くときに手を繋ごうとしてきたのには、本気で引いてしまった。

強引さは無く、嫌がったらすぐに辞めたし、表情が曇っている事にも気付いていたはずで、ご機嫌取りをしていたようにさえ思う。

「好きな人・恋人」に接するような優しさは様々な場面でにじんでいた。

その事がより一層気色悪いと思ったのも事実なのだが、これは利用できそうだと考えた。

ここでようやく、これ以上の事は「無理」だと伝える。

切々と私の気持ち、今の状況を説明してようやく夢から覚めてもらう事が出来た。

そこからは、私が主導権を握ることになった。

クソ社長からの圧力がかかり始める

あの時クソを選ばなかったことで、私は基本的に「気に食わない奴」認定を受けていたらしい。

嫌がらせのような圧力満点のメールを毎日何通も受け取った。

「A子と沙妃どちらかにしようと思うんだけど、どうすればいいかわかる?」

またあんな思いをするくらいなら、別にこれ以上先に進みたいとは思えない。

けれど、自分が既に払った通行料をドブに捨てる事も嫌だと思っていた。

損切りする事に抵抗があったにすぎないんだけれど。

そんな時、私はA子から呼び出しを受ける。

A子からの呼び出し、叱責。

とても無機質な呼び出しメールが入り、待ち合わせ場所でA子の車に乗る。

しかし、どこかに向かって出発することも無く、その場で話が始まった。

「何で私が呼び出したかわかる?」

正直に「わからない」と答えるとA子は言った。

「社長に会ったでしょ?何で私に何も言わないの?」

つまりは、紹介したA子に話を通さないで社長に会うのは筋が違うという言い分だった。

社長はA子にも私の存在を匂わせ、何かの駆け引きをしているんだろうか。

気になるのは、私の経験した「あの事」をA子も経験したのかどうかだ。

A子の怒りを鎮めながら、慎重に情報を整理する。

A子はかなり強気な性格だけれど、恋愛は潔癖と言っていいくらい綺麗な経歴だった。

あいつらから見たおそらく、つけ入る隙も、取り付く島もなかったはず。

A子の口からは捲し立てられた正論やキレイごとが、丁寧に折り重ねられ、私の目の前に積み上げられ続けていく。

もし仮に、あの儀式を通過したのだとしたら、こんなにも正義を盾に私を責めたてようなんて思えないはずだ。

そう思い至った辺りから、申し訳ない気持ちや、傷つけてしまった悲しみを追い越していくように薄らと怒りが込み上げてきた。

確かに常識的に考えても、私は間違ったことをしたのだと思う。

でも、A子の知らないところではあるが、罰は十分に受けたのではないかとも思っていた。

なので「筋を通す、通さない」という、私にとっては至極どうでもよい事で怒りをぶつけてくる事に、段々心が付いていかない。

いっそ、全部話してしまおうか。

思ったけど、辞めた。

自ら、現在進行形で化膿している傷をえぐって、惨めな思いをしたくなかったし、A子の性格を考えるともう、対等な和解は存在しないと思ったからだ。

薄っぺらい「ごめんね」を何度か吐いてその場をやり過ごす。

A子とはそれ以来、一旦疎遠になった。

周りの友人たちは、仲の良かった私たちが急によそよそしくなった事に最初は戸惑っていたけれど、私がグループ全体から距離を置いたことで特に大きな問題にはならなかった。

とうとう関係を切る事に

そんな時でさえ、毎日やってくるクソ社長のメールが厄介だった。

内容は大体が関係を迫る事を匂わす、あるいは誰かと天秤にかけ、なじるようなもの。

内容は似たり寄ったりで慣れてもきたけど「念のため」目を通す度にじわじわダメージを食らっていく。

ちなみに、私からクソへの返信はとっくにしていない。

たまにくる杉山の確認メール(クソに返事しないから)に簡単に返事をするくらいだった。

それでも毎日、毎日、毎日・・・

よっぽど暇なんだろうな。

かろうじて喰らいついていこうとしていた気持ちも、最後の最後、A子の事もあってプツンと切れた。

「あの事」のダメージも結構あって、時々一気に気持ちが落ち込んで耐え難い空しさと後悔に襲われて死にたくもなった。

次に杉山たちと会う約束をメールで打ち合わせていた時

「心の底から行きたくない」

と思ったことで、私は唐突に杉山に「もう辞める」と伝えた。

ある程度、引き留めとお断りの会話の応酬はあった。

けれど、その頃は杉山は私の言い分に逆らわらなくなっていたので、大きくもめることも無くフェイドアウトできた。

しばらくは連絡がとれるようにしておいたけど、無事ターゲットリストから外されたらしく、クソ社長からのメールも届くことは無くなった。

一月ほど経って、私は二人の連絡先を全て拒否設定にした。

フェイドアウト後に起きたこと

連絡が来る可能性が無くなったことで、私自身のメンタルも少しずつ回復していった。

A子との関係を失ったけど、A子の性格を知る周りの友達は「こっそり」私との交流も続けてくれていたので、実生活には何の影響もなく、元の生活に戻ることができていた。

数か月後、売れない作曲家T男から連絡が来るまでは穏やかな日々だった。

T男からの連絡

T男のことは何かあった時の保険として、連絡先をキープしていた。

T男から電話があり、あまり気乗りしなかったけれど電話に出てみる。

少し深刻そうな話し声に嫌な予感がしつつも、一応事情を聞く事にした。

「B子って知ってる?」

B子とは、A子の通うボイトレ教室の友達の事だ。

私は面識がない。けれどA子から話だけは聞いていた。

「社長が”B子と連絡が取れない”って怒ってるんだよ」

どうやらB子さんも社長に会った一人のようだ。

かいつまんで説明すると、B子さんはは私よりも先の段階に進んで、自主制作(?※詳しくないから教えて詳しい人)のCDを作って出すところまで行っているそうだ。

なのに、社長からの連絡に応じなくなってしまって、制作費用の事で金銭問題になっている?とのこと。

「B子に聞いたら、精神的に参っているって言われちゃってさ~」

B子さんはおそらく、あの儀式を通過したんだろうと思う。

私と同じ経験をして、同じようなメールを受け取っていたとしたら、連絡を無視する気持ちはよくわかる。

T男はどこまでこの状況が分かっているのだろうか?

私は「肝心な事」は伏せながら、B子さんの状況・クソ社長の言動について軽く情報を与えて様子を見た。

それを聞いて驚いていたかというと、そうでもなかった。

なんだ、こいつ知ってんじゃん。

私にできることは何だろう?

私は電話を切って少し考えた。

今さらあいつらに関わりたいとは思わない。

でも何か、できる事があるならしたい。リスクの無い範囲で。

私は考えた作戦のアイディアをT男に伝えてみた。

賛成かと言えば、そうではないらしいけれど、止めもしなかった。

大人になった今言える事、T男は良い人というより「どうでもいい人」なんだと思う。

私は杉山に対するメールの受信拒否を解除した。

杉山にメールを出す

数カ月ぶりに、私は杉山にメールを出すことにした。

題名は「慰謝料請求について」

法律事務所のホームページ、ネット上にある性被害の体験談などを読んで、慰謝料の記述をを調べ、それらしい金額を織り込んだ文をしたためていく。

実際は警察沙汰の事例が多いので、参考になる情報はあまりなかったんだけれど。

・あれ以来、精神的に不安定になり通院を余儀なくされている。

・カウンセラーに相談、その際弁護士や警察への相談を勧められた。

・弁護士への相談で○○円程度の慰謝料請求が可能と言われた。

勿論、そんな事実は無いし、慰謝料請求なんて実行するつもりもない。

精神的に不安定だったのは事実だけど。

1日2日推敲して、杉山に送信した。

杉山からの反応

杉山からメールの返信は無かった。

代わりに、着信の履歴が埋まっていく。

拒否設定のままなので、履歴のみが積みあがっていくのを眺めていた。

ちらちらとクソ社長の番号も混ざり始める。

知らない番号から普通に着信があったけど、恐らく二人のどちらかなので取らなかった。

電話の数も減り、1~2日メールの返信を待ってみたけど、返信が無いのでまた拒否設定に戻す。

私がしたのはこれだけだった。

T男にその時の内情を聞いてみた

鬼のような件数の着信以外に、どんな状況だったのかが測りきれなかったので、T男にどんな状況だったのかを聞いてみることにした。

私からのメールを受け取った後しばらく、蜂の巣をつついたように大騒ぎだったそうだ。

クソはマジギレ。杉山はあたふた。

クソは私に対して「著作権侵害」で訴えるとまで言っていたそうな。

杉山に最後に会った時、別れ間際にとある音源を受け取っていた。

「○vexに楽曲提供している人の作った音源」だとかなんとか言っていたけど、大切な物なら私になんて渡さないだろうとその時から思っていた。おそらくその音源の話だろう。

T男のそんな話を聞いても、ちっとも怖くなかった。

カマをかけて脅すようなことをしてみて初めて、クソ社長たちの気持ちが少しわかった気がしたのだ。

口先で言っているだけ。きっと何もしてくることはない。

向こうも、同じように考えているはずだ。

なぜこのタイミングで私がこんな事をしてきたのかまで理解できれば…とも思うが。

私のこのメール作戦の効果があったのは、きっと数日間限定だったと思う。

クソは同じことをこれからも繰り返すだろうし、B子さんへの攻撃がやむとも思えない。

でも心のどこかで引っかかっていればいいんだ。

いつか訴えられるかもしれない

いつか警察に相談されるかもしれない

そう思いながら死んでいけばいい。

B子さんにとって助けになったかどうか分からないけれど、早く元の生活に戻れたことを願うだけだ。

Aとのその後の関係

一応補足しておくと、A子との関係は緩やかに回復していった。

A子とはそういう人なのだ。

一気に信じられないくらい距離を詰めるけど、自分の信念の強さに付いてこられない人間を「一旦蹴落とす」のが常だった。

その対象は入学当時から何人も移り変わって、その時丁度私の番が訪れたというわけだ。

だから私も言い訳したり、関係を再構築しようと焦ったりしなかった。友達もそのスタンスを理解してくれていたからこそうまく回ったのだと思う。

しかし、私は卒業後A子の存在を自ら断ち切った。

就職先の近くで、久しぶりに会って食事をした時だ。

就職して、神経をすり減らして生きている中で、更に最大限A子に気を配って「友達」を続けることに何のメリットも感じていない事に気付いた。

「あんなことがあったけど、それでも私は友達でいてあげている」

そんなセリフが聞こえてきそうな、そんな会合に笑顔を張り付けて参加している自分が本当に嫌になった。

その時強烈に感じただけで、あの一件以来二人の関係性はずっとこうだったはずだ。

学生時代はA子に合わせる余裕があっただけ。その余裕はもうなかった。

別れて帰宅したその日、メールと電話の着信を拒否した。SNSもブロックした。

楽しかった思い出もたくさんある。

入学後すぐに仲良くなって入学式も一緒だったし、頼りになるA子にたくさん支えてもらったことも事実だ。

だからこそ、それを台無しにしたくない気持ちが強かった。

勝手だとは思うけど、これで良かったと思う。

もう会うことは無いけれど、A子本当にありがとう。

この一件で私が思ったことは

ここまで8500字も使って、文字通り行間もたっぷり使って書きたいことを書き殴ってたんだけれど、誰かに慰めてほしいわけではない。

「あの事」は余計な感情などはそぎ落として、事実だけを受け止めて生きてきた。

だけどなぜだか「書いておこう」と唐突に思った。

今まで誰にも知られたくなくて、ずっと隠して生きてきたことを気持ちまるごと文字に起そうと思った、その理由はよくわからない。

書いていて、悲しい・苦しい気持ちももう一度しっかり味わったし、結局何が言いたいのかも分からないままだ。

(…やっぱり少しは慰めてほしいのかもしれない)

どうしてあんな経験をすることになったのか

書いている中で「どうして、あんな経験をしてしまうことになったか」をよく考えた。

好奇心の強さ、危機感の無さ

エネルギーにあふれ、興味関心が自由に枝分かれして伸びていたあの頃。

その1つがとんでもない外れで、今だったら迷わず切り捨てるはずのその枝さえも選択肢の一つとしてカウントしていたということ。

これは間違いなく大きな要因の一つだ。

でも、若いってそういう事じゃないかとも思う。

「若いからあぁなってしまった」

それではあの時の私だけでなく、今の私も救われない。

自分を大切にしていなかった

あの事があったあと、度々思い出していたのが高校生の時、友人に言われた

「もっと自分を大切にしなきゃダメだよ」

という言葉だった。どんな場面で叱られたのかも思い出せないけれど、心底そう叱ってくれたような気がして、強烈に印象に残っている。

「自分を大切にする」が一体何なんだと思ってたけど、その言葉を思い出して心が揺さぶられたってことは「大切にしていなかった」という事なんだろう。

寂しかった

多分これだ。

寂しかったから。自分を大切にする方法を大いに間違っていたんだと思う。

逆かな。

自分で自分をちゃんと満たしてあげていたら、その方法を知っていたら、寂しく感じることも無かったのかもしれない。

(…お気づきだろうか。今日私は角ハイをひっかけている。二杯目を飲み終わったあたりから様子がおかしい。)

大人の男性を見る目が変わった

あの時まではいい大人の男性が「自分の子供と変わらない年齢の女性」に手を出すわけがないと思っていた。

「そういうこと」から引退しているのでは?とさえ思ってもいた。

そうじゃないという事を身をもって知ったので、それから年の離れた男性に対する接し方や見る目がガラッと変化した。あまり良い意味ではなく…だ。

あの程度で済んで、よかったかもしれない

あの当時は乗り越える事で精いっぱいだったし、自分を不幸な人間だと思っていたんだけれど、今は「あの程度の事で済んでラッキーだった」と思ってもいる。

もっと相手が悪質な人間だったら、2人がかりで襲われていたり、殺されていたっておかしくない状況だ。

教訓として、活かせるか

今この件を通して一番考えるのは、子供が「自分を大切にする」ためにどう教え伝えていけばいいのか、だ。

辛い思いをしないよう、予めレールを敷いて走らせることには反対だ。

適度に転んだ方がいいし、小さな怪我の積み重ねは、大怪我を防ぐことに繋がる。

でも、これはリスクも高すぎるし、負う傷も深い。

「大人だから」と言って、簡単に信用しないように伝えるべきか?

それも抵抗がある。

できるだけ、人を信じて生きていってほしいと思うから。

信じて疑わなかった結果がアレなので、もちろん限度がある。

それでも、本音としては人を信じて生きてほしいと私は思っている。

きっと私にできる大切なことは「相談してもらえる、打ち明けてもらえる関係」を続ける事なんだと思う。

判断の最後の砦になれるよう、深く傷ついたとき、立ち直れるよう一緒に寄り添う事ができるように。

結局それしかできないのかもしれない。

美味しい話は歩いてこない

ほんとこれ↑↑笑  (急に雑)

着地点が良くわからないので最後にぶち込んでみたけど、この見出しで書くことは特にない。

これを最後まで読んでくれた人は、私をどう思うのだろうか。考え出すとグルグル同じ所を回ってしまう。

でもそれがブログでしょ?

えいやっの気持ちで公開してみよう。

慰めてやんよって方は、お気軽にリプをください。尻尾をぶんぶん振って喜びます。

では。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる