MENU

「脱力系ミニマリスト」とは?暮らしを楽にするヒントをくれた本をご紹介

「頑張らない暮らし」を心がけるため、私は生活に「ミニマリズム」の思考を取り入れています。

そのきっかけを作ってくれたのが、森秋子さんです。

今回は森さん、そして著書「脱力系ミニマリスト生活」の紹介と、本から得たヒントを活かして、私の生活がどう豊かに変化したのかを書いていきます。


目次

森秋子さんって何者?→大人気ブロガーさんです

森さんは何者なのかというと、Amebaブログ(以下アメブロ)で約11万人のフォロワーを有する「ミニマリストになりたい秋子のブログ」を運営している大人気のブロガーさんです。


by「ミニマリストになりたい秋子のブログ」

私が森さんの事を知ったのもアメブロでした。

双子の子育てに忙殺され、生活を楽にしたいという思いから

「ミニマリスト」

「シンプルライフ」

をテーマにしているブログを読み漁っていました。

そんな中、森さんのブログにたどり着いたのですが。第一印象は…

[chat face=”inCollage_20210420_182040703.jpg” name=”私” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]何か、違う・・?[/chat]

他のミニマリストブログとは一線を画す、独特な雰囲気に少し圧倒された気さえしました。

「ちょっと独特」でもクセになる、不思議な魅力が満載!

私のイメージしていた「ミニマリスト」はこんなイメージだったのですが、

森さんのブログに登場する写真は、素朴でどこかノスタルジックな雰囲気。


「ミニマリストになりたい秋子のブログ」より

少し戸惑いつつも、ひとたび文章をなぞっていくと、人気の理由がすぐに理解できました。

上品でありながら、感情豊かでユーモラスな表現。

ミニマルな生活を心から楽しんでいることが、ストレートに伝わってきます。

ブログを読めば読むほど、森さんのようなミニマルな生活を「試してみたい」という気持ちが高まり、私は本を購入することにしました。

「脱力系ミニマリスト生活」から得た気付き

本の中で私が驚いた事や、実践して「良かった」と感じたことをいくつかご紹介します。

「収納はカオス箱」手放すと片づけが一気に加速!

“「収納家具」という文字を見ると、真面目で便利そうな印象を持ちますが、実際に使ってみると収納はカオスを生む場所になりがちです。”

出典:森秋子著「脱力系ミニマリスト生活」

痛いところを突かれた気分でした。

そこで私は本の中でも「荒技」と紹介されている“収納から手放す”を試すことに。

その効果はすさまじく、これをきっかけに捨て活に邁進していくことになりました。

①処分する収納を決める

②中身を空にする

③収納を処分する

上記を繰り返して、

  • 3段衣装ケース2つ
  • 小さな衣装ケース3つ
  • 隙間収納2つ
  • ワゴン型収納
  • カラーボックスを4つ

を処分。

↓こんなオシャレな棚も持っていたのですが、私には荷が重かった・・・

↓引き出し付きガラス天板の非常に重いコーヒーテーブルなんていう物も。

[chat face=”inCollage_20210420_184644103.jpg” name=”夫(神)” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]ちなみに、綺麗に掃除してリサイクルショップに引き取ってもらいました[/chat]

驚いたのが、これだけ収納を減らして、その分の物が減ったはずなのに、

一切不便にならなかった事です。

そして、家事時間が大幅に減りました。

捨て活開始前と比べて、1~2時間も早く家事が片付くようになりました。

[chat face=”inCollage_20210420_182040703.jpg” name=”私” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]作業量が減ったこと以上に、集中して作業できるようになったことが大きな要因かな[/chat]

洋服は着まわさず「セット」で決める

[chat face=”inCollage_20210420_182040703.jpg” name=”私” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]洋服を減らすなら、「着回しのきくもの」を揃えるほうが良いんじゃない?[/chat]

と私は考えていたので「着まわさない」という考え方に大きな衝撃を受けました。

・迷う時間が無くなる

・いつもベストな組み合わせで居られる

着まわさない、セットを決めてしまう事でこのようなメリットがあるそう。

[chat face=”inCollage_20210420_184644103.jpg” name=”夫(神)” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]スティーブジョブズも究極の「着まわさない人」だったよね[/chat]

早速、実践してみることに。

お気に入りの組み合わせを3つ作って、余った服を思い切って処分。

[chat face=”inCollage_20210420_182040703.jpg” name=”私” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]足りなかったら買い足そう・・・[/chat]

そう考えてワンシーズン過ごしてみたのですが、その快適さに驚きました。

毎日ご機嫌、案外飽きない

まめにメンテナンスできる

味を占めて、今シーズンは2セットのローテーションで乗り切りました。

[chat face=”inCollage_20210420_182040703.jpg” name=”私” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]さすがに飽きました[/chat]

今では靴もどんどん減らして、普段履くのはスニーカー1足。まめに洗って一年ぐらいで履き倒しています。

https://kamisamanoiutoori.com/converseslip3ox-permanentmarker/

レンジ・炊飯器はなし!冷蔵庫は家族3人で122ℓ!

[chat face=”inCollage_20210420_182040703.jpg” name=”私” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]レンジの無い暮らし、想像ができない・・・[/chat]

家電の処分やリサイズについては、おそらく今後も取り入れるのは難しいと考えていますが、そこに至る考え方はとても参考になります。

[chat face=”inCollage_20210420_184644103.jpg” name=”夫(神)” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]122ℓって一人暮らし用のサイズだよね??[/chat]

この本で紹介されている食事はとてもシンプルです。

鍋炊きの美味しいごはん

複雑な工程の無いシンプルな調理

食材は買いすぎない

使い果たす

「お店は私の大きな冷蔵庫」という言葉が本にあるのですが、確かにそう考えれば買う事に焦る気持ちもスッと収まります。

ちなみに客用食器も持たないそう。

良い食器から普段使い

来てくれたお客様はファミリー

出典:森秋子著「脱力系ミニマリスト生活」

我が家に、箱のまま鎮座していた客用の湯飲みがあったのですが、

客用に使う事も無く新品

メルカリでも売れない

リサイクルショップ買い取り100円

思い切って普段使いを開始したところ、色んな用途に使いまわすことができて、非常に満足しています。

他にも、真似したくなる素敵なアイディアがたくさん!

今回は、テーマをギュッと絞って、 3つのポイントについて書きました。

本全体では

「生活の事」
「お金の事」
「人間関係の事」

など、幅広い事柄に触れられています。

[chat face=”inCollage_20210420_182040703.jpg” name=”私” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]ブログでは知りたい情報にアクセスするのが難しいですが、本では体系的に読めるのが良いですね[/chat]

また、森さんの本には”ちょっと気になる不思議な言葉”がたくさん出てきます。

エア爆買い
エア離婚
服と会話
クマ財布
絆デトックス

クスッと笑ってしまうような、意味が分かると思わず真似したくなるような、不思議な言葉達です。

[chat face=”inCollage_20210420_182040703.jpg” name=”私” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]どんな意味なのか、ちょっと知りたくなりませんか?[/chat]

ぜひ、本を手に取り読んでみてください。

[chat face=”inCollage_20210420_182040703.jpg” name=”私” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]「ちょっと気になる!」という方は、まずは森さんのブログに足を運んでみてね。[/chat]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる